賭けてイスタンブール

中南米派を自認する私ではあるが、年末年始は太平洋超えの航空券が異常に高額で断念。それでもどこかへと探せば年明けの出発ならカタール航空のトルコ往復が税込みで10万円で釣りが出る、行きはアンカラ、帰りはイスタンブールとして発券。今更ではあるが♪飛んでイスタンブールである。アヤソフィアなど誰もが見物する名所旧跡には勿論行き、それは文明の交差点に相応しく大変に素晴らしいものであった。であればこそ、webに載せるなら誰もが行かないところで、またしても競馬場である。 トルコは誰もが知る通りイスラム圏であるが、近代競馬を催行しイスタンブール・アンカラ・イズミール等各所に競馬場がある。しかも、湾岸諸国のような「競馬はやるがイスラム教の戒律に則り馬券は売らない」なんて詭弁じみた理屈とは一線を画し、堂々と勝馬投票券を売っている。開催日・開催地やプログラム等はジョッキークラブのサイトから確認できるので旅打ち計画には大いに参考になる。サイトの上部には国父アタチュルクの金言を載せているのはトルコらしさ。 イスタンブールにあるのはヴェリエフェンディ競馬場、ビッグレースはここで開催されることが多く、日本でいうなら東京競馬場の位置づけ。 金曜日のナイター競馬にいざ出陣。イスタンブールの中心からはスルタンアフメト地区を通るので観光客にもおなじみトラムT1(路面電車)で西に向かう。道中テオドシウスの城壁(世界遺産)を通過するので明るいうちなら途中下車して見物するのもよい。今に残るコンスタンティノープルの名残りである。 …

続きを読む