北側から入るキプロス

「人が行かないところへ行く」のをスローガンに掲げる私は、イスタンブールまで来たからには北キプロスには行かねばならぬ。ただし短期の旅行だから早朝発深夜着の日帰りでニコシアに絞る。 行きはサビハ・ギョクチェン→エルジャンをトルコ航空で予約。早朝でぼんやりしていたか間違えてチェックイン後に国内線の荷物検査の列に並び係員に指摘されたが、北キプロス自体実質的にトルコの一部みたいなものだからなあ。待っていたのは子会社のアナドルジェットで、機内誌を見たら運航はほとんど国内線で国際線はエルジャンとエルビル(イラク)となんとも微妙なところにしか飛んでいない。早朝に起きたので離陸後すぐに寝てしまう。2時間強の空の旅で到着。入国審査でスタンプを押して良いかジェスチャーで聞かれたが、ここに来たからには当然押してもらう。これで対立するキプロス(南側)とギリシャには直接入国できなくなった。 空港からはバスを待ってニコシア市街地へ。城門から少し北側に離れたところで降ろされる。目の前は駐車場にテントを張ってバザールとなっていたので、ここを冷やかすところから観光スタート。野菜に果物の色が映える。 南に15分ほどあるくとニコシアの城門、アタチュルクの銅像が誇らしげに鎮座するあたりはトルコの一部な感じである。 ビュユック・ハンへ。保存状態は良く保たれている。雑貨店とレストランがあるが暇そうである。すぐ近くに古くからある市場があるが休業日。 こちらはセリミエ・モスク。その昔はカトリック教会…

続きを読む

賭けてイスタンブール

中南米派を自認する私ではあるが、年末年始は太平洋超えの航空券が異常に高額で断念。それでもどこかへと探せば年明けの出発ならカタール航空のトルコ往復が税込みで10万円で釣りが出る、行きはアンカラ、帰りはイスタンブールとして発券。今更ではあるが♪飛んでイスタンブールである。アヤソフィアなど誰もが見物する名所旧跡には勿論行き、それは文明の交差点に相応しく大変に素晴らしいものであった。であればこそ、webに載せるなら誰もが行かないところで、またしても競馬場である。 トルコは誰もが知る通りイスラム圏であるが、近代競馬を催行しイスタンブール・アンカラ・イズミール等各所に競馬場がある。しかも、湾岸諸国のような「競馬はやるがイスラム教の戒律に則り馬券は売らない」なんて詭弁じみた理屈とは一線を画し、堂々と勝馬投票券を売っている。開催日・開催地やプログラム等はジョッキークラブのサイトから確認できるので旅打ち計画には大いに参考になる。サイトの上部には国父アタチュルクの金言を載せているのはトルコらしさ。 イスタンブールにあるのはヴェリエフェンディ競馬場、ビッグレースはここで開催されることが多く、日本でいうなら東京競馬場の位置づけ。 金曜日のナイター競馬にいざ出陣。イスタンブールの中心からはスルタンアフメト地区を通るので観光客にもおなじみトラムT1(路面電車)で西に向かう。道中テオドシウスの城壁(世界遺産)を通過するので明るいうちなら途中下車して見物するのもよい。今に残るコンスタンティノープルの名残りである。 …

続きを読む

ケルン競馬場で秋のG1

出張の帰りはフランクフルトから、なのだが運良く1日オフとなった。この日は何をしようと調べてみればケルンで競馬開催、しかもオイロパ賞(Preis von Europa, G1)である。世界遺産たる大聖堂の見学と合わせていざ出撃。海外旅打ちもこれで8カ国目となるが、G2は見たことがあるがG1は初めて。 帰国便のフライトが早朝発のためホテルは空港近く。実は欧州のハブたるフランクフルト空港は鉄道も充実しており、そこそこ歩くとはいえ空港の隣に鉄道駅があり特急系統も頻発している。 朝のICEでケルンを目指す。ケルン中央駅まではICEで1時間で、東京から静岡までいく感覚か。車内で読もうかと売店で競馬新聞を探すも売っていない。 駅を出るといきなり有名な大聖堂の偉容と対面する。日曜の朝方はミサの時間、堂内に入場してから聖職者のチェックがあり観光客は入口まで。それでも天井の高い荘厳な空間の空気に触れるだけでも一見の価値はある。大聖堂を写真に収めるには鉄道橋に付設された歩道でライン川を渡って対岸からのほうが、橋と教会と駅とが織り成す風景が撮れる。対岸にはオペラハウスがあるが、ここはオペラよりもキース・ジャレットのコンサートで洛陽の紙価、いやケルンのレコード価を高めたので有名か。 駅前に戻るとライン川沿いの歩道は蚤の市が立っており、雑貨や食器だけでなく古書・レコードや中古カメラまで売っている。秋の気配のなかでいろいろ見ながらの散歩は気分が良い。レコード屋には掘り出し物が眠っていそうな匂いを感じ…

続きを読む

カパネッレ競馬場でローマの休日

所用あってローマに行くこととなった。フリーになれる日が1日だけあり、ちょうど競馬開催日とあれば行くしかない。イタリアの競馬は経営難の影響で衰退の一途で、今年(2019年)からは遂にG1競走がなくなった。そんな最中の旅打ち。 ローマの競馬場はイタリアダービーが開催されるカパネッレ競馬場(Ippodromo Capannelle)であり、チャンピーノ空港の近くに位置する。市の中心部からはテルミニ駅から近郊電車に乗り次のCapannelle駅で下車して15分ほど歩くか、メトロA線でCinecitta駅で下車しバスに乗り換え789、654に乗れば正門まで行ける。私はメトロ+バスで行ったが、バスの車窓からは緑豊かな草原の中に古代ローマの遺構がちらほら見えるのが印象に残る。 第1レースは午後3時前後に始まり、一日6レース程度で最終レースが午後6時ごろといったプログラム。出走馬や発走時間などが載ったプログラムは競馬場のサイトから数日前に入手できる。 まずは正門をくぐる。入場無料。お姉さんがレーシングプログラムを配っているので受け取るが、A41枚でレースの名前・条件・距離、そして馬番に馬名に斤量くらいが載っているだけ。メインスタンドの前にタバコ屋があるが、肝心の競馬新聞を売っている気配がない。こうなるとオッズとパドックの気配だけで予想するしかなく、己の相馬眼が試される。 第1レース開始まで30分くらいだが、これが僅か4頭立てで人気が一本かぶりなので馬券的には全く面白くなく、馬券は2レース…

続きを読む

アフリカの西の果てへ(5) / カーボベルデの世界遺産へ

首都プライアからサンチアゴ島の各地にはミニバスで行く。ミニバスの出発地はParque 5 de Julhoの横で、トヨタのハイエースがずらりと並んでいるので分かる。車は新しめでダカールとは大違い。満席になったら出発。 20分ほどでカーボベルデ唯一の世界遺産、シダーデ・ヴェーリャに到着。今では少し可愛らしさもある小さな町だが、大航海時代は中継基地として栄えた港で、バスコ・ダ・ガマもコロンブスもマゼランも寄稿した歴史を有する。 まずは海沿いの道を登り小高い丘にあるカテドラルの遺跡へ。外壁が残るのみだが街の小ささと比べると規模はかなり大きく、繁栄していた時分が偲ばれる。 そして常夏の日差しを浴びながら登り坂を進み、サン・フェリペ要塞(Forte Real de São Filipe)へと足を進める。(街の中心からタクシーで行くことも可能) 登りきったところで、あまりの暑さに放牧の牛も木陰に固まっている。 城壁の内部は入場料が必要(500エスクード(CVE)または5€)。誰もいないように見えたので先に見学して入場料は後で払うかと思ったら、しっかり呼び止められた。内部は本格的な要塞で、丁寧に修復もされているのでなかなかの偉容である。しかも見学者は私一人だから独り占め。しかし、この写真だけならカリブ海の要塞と何ら変わらない。 城壁から外を眺めると、山側は河川が侵食したダイナミックな光景、海側は先ほど見学したカテドラルが見え…

続きを読む

アフリカの西の果てへ(4) / カーボヴェルデではなく カーボベルデ

ダカールを楽しんだ後は、飛行機でカーボベルデへ。 そもそもどうやって行くのか 日本から行くならリスボン経由が便利。TAPポルトガル航空がリスボンからカーボベルデの各島に直行便を出している。アフリカの旧ポルトガル領の国にはTAPは全てフライトがあるが、旧宗主国としての意地だけでなく人の行き来が多いというのもあろう。そのほか、カタール航空+ロイアルエアモロッコだと通しで航空券を買える。 ダカールからは今では何社か飛んでいるが、2018年の秋はGroupe Transairしかなかった。両国の首都を結ぶダカール・プライア間を週4便、片道で140000FCFA(諸税込み)だから3万円弱、2時間弱のフライトにしては結構いい値段である。ホームページからは直接予約もクレジットカード決済もできずメールを出すだけ、空席があればWestern Unionから送金せよと先方からメールが来るが、送金完了の通知を送るとすかさずバウチャーをPDFで送ってくれた。 ダカール→プライア ダカール新空港は開港間もないので中も外も新しさが目立つ。周囲は建物一つなくトランジットホテルすらないが、郊外の空港の近くにホテルを営業しても採算が取れないような気がする。免税店でCDとお酒を買って、11:40発のプライア行きに搭乗。軽食の機内食が出てきた。 マリンブルーを眼下に2時間のフライト後、首都プライアの空港に到着。この空港、いかなる理由か名称が自国とは全く縁のない「ネルソン・マンデラ空港」なのだが、アフリ…

続きを読む

アフリカの西の果てへ(3) / ダカールを巡る(後編)

ダカール巡りはまだ続く。 ゴレ島 ダカールの沖合に浮かぶ小島、ゴレ島を目指す。 タクシーで駅近くの港まで。港の入口で身分証を示す必要あり。乗船券は往復で5200FCFA(外国人料金)、出発まで30分強時間があったので文庫本を読んで時間をつぶす。出航の間隔は1-2時間で、ネットで時刻表を確認できる。いざ出航。ものの十数分でゴレ島の全景が見えてくる。 まずは南側に回り海洋博物館に歴史博物館。建物はフランス時代の洋館に要塞をそのまま使っているのでいい感じ、ただし中の展示は大したことがない。 そして港に戻る途中の道で素敵なコロニアルな風景がお出迎え。道沿いにカフェが並ぶが人気のスポットでテラス席は先客で埋まっていた。ここはあきらめて港のそばに密集するレストランでプレートランチの昼食、観光地なのでお値段は少々高め。 小腹を埋めた後は島内を散歩。有名な観光スポットだけあって道は綺麗に整備されており、色とりどりの建物を眺めながらの散策は西アフリカに居ることを少々忘れさせる。街並みの整備には日本の貢献もあるようで、JICAや三菱商事のプレートを時々壁に見る。セネガルは写真に撮られることを嫌う人が多いのでカメラを向けていないが、雑貨や服を売る店や果物を売る屋台もちらほら見かける。 教会もあればモスクもある。モスクの裏の小高い丘には登ることができるが、暑さのなかで登る体力がないので諦めてしまった。 散歩のお供に時々現れるのは猫。ゴレ島、ちょっとした…

続きを読む