北側から入るキプロス

「人が行かないところへ行く」のをスローガンに掲げる私は、イスタンブールまで来たからには北キプロスには行かねばならぬ。ただし短期の旅行だから早朝発深夜着の日帰りでニコシアに絞る。 行きはサビハ・ギョクチェン→エルジャンをトルコ航空で予約。早朝でぼんやりしていたか間違えてチェックイン後に国内線の荷物検査の列に並び係員に指摘されたが、北キプロス自体実質的にトルコの一部みたいなものだからなあ。待っていたのは子会社のアナドルジェットで、機内誌を見たら運航はほとんど国内線で国際線はエルジャンとエルビル(イラク)となんとも微妙なところにしか飛んでいない。早朝に起きたので離陸後すぐに寝てしまう。2時間強の空の旅で到着。入国審査でスタンプを押して良いかジェスチャーで聞かれたが、ここに来たからには当然押してもらう。これで対立するキプロス(南側)とギリシャには直接入国できなくなった。 空港からはバスを待ってニコシア市街地へ。城門から少し北側に離れたところで降ろされる。目の前は駐車場にテントを張ってバザールとなっていたので、ここを冷やかすところから観光スタート。野菜に果物の色が映える。 南に15分ほどあるくとニコシアの城門、アタチュルクの銅像が誇らしげに鎮座するあたりはトルコの一部な感じである。 ビュユック・ハンへ。保存状態は良く保たれている。雑貨店とレストランがあるが暇そうである。すぐ近くに古くからある市場があるが休業日。 こちらはセリミエ・モスク。その昔はカトリック教会…

続きを読む